ポイント解説パーソナルトレーニングの基礎知識

point-1パーソナルトレーニング中にはどんな食事にすれば良い?

一流アスリートやトップモデルが利用しているということから、人気に火がついているパーソナルトレーニングですが、パーソナルトレーニングを行っている間は食事内容にも気を配らなければなりません。

食事の栄養バランスが崩れていれば、せっかくパーソナルトレーニングを受けても意味がなくなってしまうこともあるのです。

パーソナルトレーニング中は、たんぱく質を摂取することが非常に大切です。

ご存じの通り、たんぱく質は筋肉を作る元となります。

つまり、パーソナルトレーニングを正しく実践し、十分な量のたんぱく質を摂取できていれば、効率的に身体をシェイプアップすることができるのです。

ただし、たんぱく質だけを摂取すれば良いというわけではありません。

カロリーのことも考えながら、栄養バランスに優れた食事を摂ることが重要です。

ほとんどのパーソナルトレーニングでは、プロのトレーナーの他にも栄養学に精通しているスタッフも在籍しています。

トレーニング方法だけでなく、食事の面でもアドバイスをしてくれますので、そのアドバイス通りの食事にすることが最も効率的でしょう。

パーソナルトレーニングで身体のシェイプアップに成功することには、自然と食事の栄養バランスについても考えるようになっているはずです。


point-2筋力トレーニングとは?その特徴と効果を徹底解説!

筋力トレーニングとは、その名前の通り筋力をアップさせるためのトレーニングのことです。

筋力に大きな負荷をかけるにあたり、一時的に酸素を身体に取り込まない状態になりますので、無酸素運動に分類されます。

筋力トレーニングの特徴といえば、やはり筋肉量を増大させることでメリハリのあるボディラインになるということではないでしょうか。

筋力トレーニングの方法は、鍛えたい部位によって異なります。

そのため、バランス良く筋肉をつけるためには、全身の筋肉をそれぞれ鍛えなければなりません。

また、正しい方法で筋力トレーニングを行わなければ、逆に身体を痛めつけてしまうことにもなるでしょう。

今話題のパーソナルトレーニングでは筋力トレーニングが用いられていますが、プロのトレーナーが付きっきりでトレーニング方法を指導してくれますので、間違った方法で筋力トレーニングをしてしまうという心配もありません。

筋力トレーニングについての知識がない方はもちろん、身体を短期間で効率的に引き締めたいという方にはパーソナルトレーニングをおすすめします。

筋力トレーニングをすれば、体が太く見えてしまうのではないかと心配される女性もいらっしゃるかと思いますが、正しいトレーニングを行えば太い筋肉がつくようなことはありません。

逆に引き締まった美しいボディラインを手に入れられることでしょう。


point-3有酸素運動の特徴と効果とは

有酸素運動とは、簡単にいえば通常より多くの酸素を身体に取り込みながら行う運動のことです。

代表的な有酸素運動として、ウォーキングやジョギング、スイミング、サイクリングなどが挙げられます。

有酸素の特徴は、酸素を身体に取り込むことによって体内の脂質や脂肪をエネルギーに変えられるということです。

お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、有酸素運動はダイエットに大きな効果が期待できると言えるでしょう。

また、筋肉トレーニングなどの無酸素運動とは異なり、有酸素運動で乳酸が生じることはほとんどありません。

乳酸は筋肉疲労の原因物質であるため、蓄積されると強い疲労感を感じてしまいます。

つまり、有酸素運動は無酸素運動と比較して疲労が蓄積されにくく、長時間でも運動を続けることができるのです。

ただし、有酸素運動をしたからと言ってすぐにダイエット効果が表れるというわけではありません。

ダイエット効果を実感いただけるまで、個人差はありますが数週間から数ヶ月程度は見ておいたほうが良いでしょう。

また、有酸素運動のなかには少しハードな運動もあります。

短期間でダイエットを成功させたいという方は、ハードな有酸素運動がおすすめです。


point-4パーソナルトレーニングの利用料金はなぜ高い?

一般的なフィットネスクラブの利用料金と比較して、パーソナルトレーニングの利用料金は高めに設定されています。

パーソナルトレーニングの利用料金が高い理由のひとつとして挙げられるのが、専門のインストラクターがマンツーマンでトレーニングの指導をしてくれるということです。

一般的なフィットネスクラブの場合、一人のインストラクターが付きっきりで指導してくれるというわけではありません。

そのため、自分の身体に合ったトレーニングができずに、自分がイメージしていたようなスタイルになれないこともあるでしょう。

場合によっては、身体を痛めてしまうこともあるかもしれません。

パーソナルトレーニングでは、インストラクターが付きっきりでサポートしてくれますので、身体を痛めることもなく、最短距離で理想のプロポーションを手に入れられるでしょう。

パーソナルトレーニングの利用料金は、確かに高いです。

しかしながら、身体を痛めれば病院での治療代がかかりますし、何よりパーソナルトレーニングなら短期間で効率良く理想のプロポーションを手に入れられるというメリットがあります。

以上のことを考えると、高い料金を払ってもパーソナルトレーニングを利用する価値はあると言えることでしょう。


point-5パーソナルトレーニングは良いことばかりではない?

パーソナルトレーニングには、デメリットがあるということも知っておかなければなりません。

パーソナルトレーニングのデメリットとして挙げられるのが、利用料金の高さになります。

一般的なフィットネスジムなどの利用料金は、日数や時間帯などによっても異なりますが、だいたい5000円から15000円程度となっています。

一方、パーソナルトレーニングの利用料金は1時間で6000円程度が相場となっていますので、金銭的な負担は大きいと言えるでしょう。

パーソナルトレーニングのデメリットとして、担当のトレーナーの質によってトレーニングの成果が異なる場合がある、ということも挙げられます。

ほとんどのトレーナーは専門的な教育を受けていますので、安心して任せられますが、すべてのトレーナーが優れているというわけではありません。

特に経験が浅いトレーナーが担当すると、トレーニング内容に納得できないこともあるでしょう。

また、担当のトレーナーと気が合わなければ、トレーニングをすることさえ億劫になってしまうかもしれません。

したがって、効果的なトレーニングを行うためにはトレーナー選びも重要なポイントと言えます。

ただ、ほとんどのフィットネスクラブではトレーナー途中変更もできますので、ご安心ください。


point-6パーソナルトレーニングは一流アスリートも利用

パーソナルトレーニングとは、プロのトレーナーがマンツーマンで指導をしてくれるトレーニング方法のことです。

パーソナルトレーニングは、フィットネスの本場と言われているアメリカでは非常に高い認知度を誇っています。

実際に一流のアスリートやハリウッドスターなどもパーソナルトレーニングを利用しており、シェイプアップに励んでいるのです。

一般的なトレーニングと比較して、パーソナルトレーニングは非常に効果が出やすくなっています。

その理由として挙げられるのが、一流アスリートなども担当するプロのトレーナーが、自分の目的に合わせたトレーニング方法をマンツーマンで指導してくれるということです。

一般的なフィットネスクラブなどでも、トレーニングプランを提案してくれますが、マンツーマンで対応してくれることはほとんどないため、効率的なトレーニングが出来ないこともあるでしょう。

パーソナルトレーニングなら、身体の状態をその都度チェックしながら、綿密なトレーニングプランを提案してくれますので、効率的なシェイプアップが実現するのです。

もちろん目的に合わせたトレーニング方法を提案してくれるため、体を本格的に鍛えたい方だけでなく、スタイルをキープしたいという方にも大変おすすめとなっています。


point-7パーソナルトレーニングにはこんなメリットが!

年々人気が高まってきているパーソナルトレーニングですが、パーソナルトレーニングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

最大のメリットとして挙げられるのが、一流アスリートやモデルなども担当するプロのトレーナーが、トレーニング方法をオーダーメイドしてくれるということがあげられます。

利用者の目的や筋肉の状態などに合わせたトレーニング方法を提案してくれますので、効率的なシェイプアップが実現するでしょう。

また、パーソナルトレーニングには三日坊主で終わりにくいというメリットもあります。

トレーニングがきつくて途中で諦めてしまったという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

途中でトレーニングを諦めてしまっては、意味がありません。

パーソナルトレーニングでは、プロのトレーナーが利用者の精神面までしっかりサポートしてくれるのです。

プロトレーナー自身も常にトレーニングを行なっており、利用者の立場になって考えてくれますので、安心してご利用いただけるでしょう。

パーソナルトレーニングは、ただ身体を鍛えるためのトレーニングではありません。

キレイに鍛えるためのトレーニングとなっていますので、理想のプロポーションを手に入れたいという方にも大変好評です。

トレーナーの指導を受けながらトレーニングを実践すれば、モデル体型になれることも夢ではありません。


TOPPAGE  TOP